狩猟

ガンロッカーの確認で、我が家に警察がやってきた。

教習射撃に無事合格すると、銃の所持許可申請をすることになる。

いよいよ手続きも大詰めだ。

ただ、所持許可申請は、教習射撃の身辺調査と違って、警察が実際に自宅に来て、保管設備のチェックが行われるのだ。

先日私のところにも警察がやってきたので、どんな感じで調査が行われたのか、記事にしようと思う。

photo credit: Policeman / 89228431@N06

警察からは事前連絡が来る

ガンロッカーの検査は、事前に日程調整の電話連絡がある。

突然警察が来て、今から見せてください、とはならないので安心を。

警察官に希望の日時を伝えて、電話は終了。

ガンロッカーのチェックはどこをみるのか

検査日当日、玄関のチャイムが鳴る。

ドアを開けると警察官が1人やってきた。

今まで警察の窓口対応をしてくれた人とは別の方だった。

挨拶を済ませ、早速ガンロッカーの確認を行ってもらう。

警察官はチェック表を見ながら、ガンロッカーを検査していた。

チェック表の中身は見せてもらえなかったが、保管設備の要件は猟銃等取扱読本に書いてある。それを満たしていれば問題ないと思う。

参考までに要件まとめ。

①全ての部分が1mm以上の厚さの鋼板であること。

②閂構造で施錠し、扉の上下を固定する構造であること

③外部から見える蝶がねが破壊されても扉が開かないこと

④内部に銃を固定できること

⑤鍵は外部からの力によって容易に開錠できないこと

⑥扉を閉鎖する鍵はかけ忘れ防止装置付きのものであること

⑦鍵の種類は120種類以上であること

確認は20分くらいで終了した。私自身は特にやることはなく、警察官の横で見ているだけだった。

で結果は・・・

 

「堅牢な保管設備ではない」との評価

 

ちょっと待ってほしい。要件は全て満たしているはずだ。

何がダメだったのか聞いてみると、保管設備が二重ロックになっていないとのこと。

そもそもそんな要件は無かったような。

とはいえ警察に逆らっても無駄なので、反論は飲み込む。

そのまま確認は終了して、警察は帰ってしまった。

NG判定されたままだと今後どうなるのか、再検査ならまた時間がかかるなぁと、

やきもきしたまま、最終結果を待つことになってしまった。

1ヶ月後、所持許可申請の結果が出た

検査からしばらく経った時、警察から身辺調査終了の連絡が来た。

結果は・・・

 

無事合格!

 

結局ガンロッカーの基準を満たしていないのはどうなったのかは分からないが、

これでやっと銃を持つことができることになった。

おわりに

警察官による調査というと、少し不安になってしまうが、そんなに身構えなくても大丈夫だ。

ガンロッカーを見せて、2〜3個質問に答えるだけで、20分くらいで終了する。

難しいことはない。

担当の警察官も威圧的な感じではなく、丁寧に対応してくれた。

よっぽどおかしな態度を取らない限りは問題ないだろう。

おまけ

ちなみに、堅牢な保管設備ではないとされたガンロッカーは、確認の後、鍵の増設を行って、要件を満たすようにした。

今度こそ文句は言われないはずだ・・・・!