未分類

【珍しい食べ物】ハナイグチは旨味の強いヌルヌルきのこだった

私は農産物直売所が大好きで、よく通っています。なぜ好きかというと、農産物直売所って、あまりスーパーでは見かけないようなものが、売っているんですよね。

珍しいものを見ると、どんな味がするんだろう?と、ついつい買ってしまう性なのです。

先日も珍しい食べ物をいくつか手に入れてきたので、食レポをしてみたいと思います!

ハナイグチを手にいれたぞ!

今回紹介するのは「ハナイグチ」です。ハナイグチはヌメリイグチ科ヌメリイグチ属のきのこです。

ヌメリイグチ科に属する通り、表面のヌメリが特徴です。

ちょっと洗ってみたところ、すぐにきのこがヌルヌルになりました。

傘の裏側はスポンジのようになっていて、さわるとフカフカしている感じ。

半分に切って、断面を見てみると、どら焼きのような感じ。見た目はとても美味しそう。

調理してみる。今回は鍋にしよう

最近、だんだんと寒くなってきているので、今回はハナイグチを使った鍋にして食べてみました。

天然きのこの儀式「虫出し」

天然きのこは、ほぼ100%、中に虫が入っています。なので、下ごしらえに虫出しをしましょう。

といっても、虫は完全には取りきれません。面倒くさかったら、気にせず食べてしまっても、毒はないので問題はありません。

さて、虫出しの方法は簡単、ボウル一杯に塩を大さじ1杯ほど入れて、塩水を作り、きのこを3〜4時間程沈めておきます。

すると5mm程度の白い小さな幼虫がきのこから這い出て来ます。

あとは水で洗い流せば OK。そのまま調理しましょう。

鍋を作るよ

今回は鍋なので、適当に半分にカットします。

鍋の味は、きのこの味を殺さないよう、シンプルにあごだしで出汁をとって、塩のみの味付けにしました。

完成品はコチラ↓

実食してみる

というわけで、早速、食べてみました!

一つだけ取り出すと、なんか美味しく見えない

まずは口に入れた瞬間思うのは…

ヌルヌルする。

分かってましたが、やはりヌメリが凄いです。でも嫌な感じではないです。

ヌメリのおかげで独特な食感になっています。近いもので言えば、ジュンサイかな?

肝心の味は、噛んでいると、だんだん旨味成分が出てくるのが分かります。結構美味しいと思います。

鍋にしたのは、正解でした。きのこの旨味がある物なので、味付けはシンプルにするのがいいですね。

網焼きにしても美味しいと思います。

総評

今回、食レポしたハナイグチですが、独断と偏見で勝手に評価してみました。

味はなかなかしっかりあり、食感も独特で、美味しくいただけました。

香りは特筆することもなく、見た目も普通でしたので、特に減点要素もないので、総合評価は星4つとしました。

総合評価: ★★★★

味: ★★★★☆

食感: ★★★☆☆

見た目: ★★★☆☆

香り: ★★☆☆☆

珍しさ: ★★★☆☆

ちなみにお値段は、1パック486円でした。

おわり!