狩猟

銃の所持許可の申請をする前に精神鑑定が必要なんだけど、何をするのか?

銃の所持に向けて、初心者講習が終わると、いよいよ射撃講習の申請をすることができます。

しかし銃を撃つ人は絶対的欠格事由に引っ掛からないことが必要です。(初心者講習を受けた人は覚えていますよね?)

その一つに鬱や統合失調症等、精神状態に問題がないかという項目があります。これに私は当てはまらないですよ、ということを証明するために、医師から診断を受ける必要があります。

この記事では、銃の所持許可、射撃講習における精神鑑定について、実体験とともに紹介します。

photo credit: Hospital / 149902454@N08

精神鑑定ってなんなのさ?

精神鑑定で診断する項目

銃の所持許可や射撃講習を受けるためには下記の項目に当てはまらないことが必要です。精神鑑定では問診でこれらについて診断します。診断書の参考はこちら

・統合失調症

・躁鬱病

・てんかん

・麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者

・自己の行為の是非を判別し、又はその判別に従って行動する能力を失わせ、又は著しく低下させる症状を呈する病気

・自己の行為の是非を判別し、又はその判別に従って行動をする能力がなく、又は著しく低い者

引用: 猟銃等取扱読本

鑑定は精神科の医師であれば誰でもいい訳ではない

銃の所持許可が下りる精神科の医師は誰でもいいという訳ではなく、精神保健指定医か、かかりつけ医師である必要があります。事前に警察にどのクリニックで受ければいいか相談しておくことをお勧めします。

鑑定料はどれくらい?

photo credit: Money / 76657755@N04

気になるお値段は医療機関によっても変わりますが、5000円〜10000円くらいかかります。保険が効かず高額になってしまうので注意しましょう。私が行ったところは10800円でした。

精神鑑定を受けてみた!

先日私は生まれて初めて精神鑑定を受けてきました。

受付を済ませ、問診票を書き、しばらく待っていると、診断に呼ばれました。部屋は落ち着いていて、病院っぽくない雰囲気。まあ精神科なんで不安にさせないようにしているんですかね?

先生から問診が行われます。家族構成や趣味、どんな仕事をしているか、勤務時間や職種、一人暮らしなのか、仕事のストレスはどうか、過去に精神科にかかった経験はあるか、等を聞かれました。だいたい5分くらいの問診の後、

「大丈夫そうだから、診断書書いとくね」

え?こんなんでいいんですか?本当に?

10800円も払ってるんですけど。イイショウバイシテマスネ

・・・・・・・・・・

まあとにかく診断書は手に入れたので良しとしましょう。

精神鑑定は普通の生活ができて入れば大丈夫

精神鑑定は特に普通に生活できているのであれば、特に問題なくパスできると思います。

特に身構える必要もないので、気楽に受ければ大丈夫ですよ!

まああの診断の仕方だったら適当に嘘つけばパスしてしまいそうな感じはしますが、提出書類に嘘を記載すると、今後何やっても申請を拒否される、許可が取り消される恐れがあるので、やめておきましょう。