狩猟

沢山燻製を作りたいなら自作の燻製器を作ろう

燻製を作りたい。それも沢山。

狩猟をやっていると、鹿肉やら猪肉やらが、どんどん冷蔵庫を占領してゆく。
なので保存食を作って長期保管できるようにする。

今までも市販の燻製器を使って燻製を作っていた。

が、市販の燻製器はどうもサイズが小さい。一度に大量に作ろうとすると網に乗り切らない。

だったら自分で燻製器を作ってしまえ、という訳だ。

必要な材料を集める

燻製器は加工しやすく、丈夫で、そこそこ値段の安い木材で作ることにした。

材料は以下の通りだ。

材料 サイズ 個数
木材1 縦600 x 横250 x 厚み13mm 2
木材2 縦600 x 横300 x 厚み13mm 2
木材3 縦250 x 横276 x 厚み13mm 1
蝶番 お好みで 2
掛金 お好みで 1
木ネジ M3 x 32mm 32
焼き網 縦210 × 横270mm 4

 

木材はホームセンターでカットしてもらった
左から蝶番・木ネジ・掛金
焼き網はある程度強度があるものを使う

材料を組み立ててゆく

材料を集めたら組み立てよう。まずはドアを作る。

木材1と木材2を2箇所、蝶番で固定する。

蝶番は木材2の角、木材1の面側につける

ドアを作ったら、ロの字状に木材を組み立てる。木ネジは角に3箇所留める。

木ネジはそのままドライバーで回せば留めることができるが、下穴を開けた方が木材が割れずにできる。

あまり考えずに角にネジを留めてゆく

次に天板(木材3)をロの字の上に取り付ける。

天板も同じくネジで固定する。

割とガタガタだが、気にしない

これで外枠は完成だ。

ここまで30分くらいでできる、あと一息

網を載せるための構造

次は網を載せるための引っ掛けを作る。

引っ掛けは外から木ネジを刺して作る。網1枚に付き4本のネジで固定する構造だ。

ネジの先端は尖って危ないので潰した方がいいかも

実際に網を載せてみると、思ったよりバランスは悪くない。

これなら食べ物を置いても大丈夫そうだ。

実際に網を載せてみる

掛金を取り付ける

最後に、燻製中ドアが開かないようにするための掛金を取り付ける。

掛金はフックをかけた後、金具を回転させて固定させる仕組みだ

これで完成!

これで燻製器は完成だ。所要時間は1時間くらいだった。

図面も書かずに、感覚で作った割にはしっかりできたと思う。

これを使ってみた感想は次の記事で。

完成の図